安いコーヒーでも美味しく飲みたい!

私は喫茶店で働いていたこともあって、サイフォンで淹れるコーヒーやドリップするコーヒーなど、そのお店によって違う淹れ方をその都度教わっていました。なかなか美味しいコーヒーを淹れるまでにはなりませんでしたが、コツのようなものはいくつか押さえていると美味しいコーヒーを自宅でも淹れられるようになります。


インスタントコーヒーしか置いていない職場も多いと思いますが、インスタントコーヒーを美味しく飲むコツは多めに入れることです。通常はスプーンで一杯から二杯ですが、3杯から5杯入れて少量のお湯で溶きます。その後一気にお湯を注ぐと美味しく飲む事ができます。


簡易ドリップコーヒー(一杯分ずつ淹れられるもの)も今では安価なものから高級なものまで出されていますが、安価な簡易ドリップコーヒーを美味しく飲む方法は、まずカップを温めます。カップ三分の一程度のお湯を入れて少し待ちます。その後、カップが温まったらお湯を捨てドリップをはじめます。


少量のお湯で蒸らした後、その分のカップに入っているコーヒーも捨てます。その後、時間をかけてドリップするだけで雑味が消えてスッキリした味わいのコーヒーを楽しむことができます。


熱いコーヒーを飲みたい時は、前もってカップを温めておくのはマストですね。

私のカフェラテ・カフェオレへのこだわり

こんにちは。久しぶりにブログを投稿しますね。

昨日は青山のCICADA (シカダ)に、大学時代の友人たち4人で行って来ました。

相変わらすの人気店なので本当に混んでいましたよ。私はホタテのソテーが大好きなので注文。

あのホタテの新鮮なプリプリ感はたまりませんね。

 

今日のコーヒーの話は、美味しいカフェラテやカフェオレのこだわりです。

私はコーヒーは大好きなので毎日必ず飲みます。あまり酸味や苦みが強いコーヒーは苦手なので、マイルドで飲みやすくするためにいつも自宅ではカフェオレにして飲んでいます。本格的なカフェオレの淹れ方ではありませんが砂糖も多めで作ります。

ミルクとコーヒーの割合を半分にすると簡単に甘くて飲みやすいカフェオレになります。ミルクや牛乳を多く入れるため、カフェラテを作るときはかなりお湯を高温まで沸かしてから入れるようにしています。

カフェラテ以外のコーヒーを自宅で飲むときには、あまり熱いお湯でコーヒーを淹れると苦みが増すような気がするので高温に沸かしすぎていないお湯で作るようにしています。自宅外ではカフェラテの他にエスプレッソもよく飲みます。

カフェラテよりもコーヒーの味が強く出るのでコーヒーショップや喫茶店ではエスプレッソを頼むときも多いですが、あまり苦みが強くないため飲みやすくて気に入っています。

自宅でも本格的なコーヒーを飲むためにコーヒーメーカーもあります。インスタントでも美味しく飲むことができるコーヒーがたくさんあるので私のようにコーヒーの苦みや酸味を楽しむためにコーヒーを飲むわけではない人はインスタントや家用のコーヒーメーカーでも十分にコーヒーを美味しく楽しく飲めると思います。