久しぶりの北海道旅行!美味しいジンギスカンを堪能

こんにちは。久しぶりのブログ投稿です。去年が冷夏だったので今年の夏の暑さは以上ですね。これは災害クラスの猛暑だそうです。本当に熱中症対策には気をつけないとですね。

そんな暑さから逃げたくて、久しぶりに北海道に行ってきました。今回の目的は今でこそポピュラーになった北海道名物ジンギスカンを食べること。

ジンギスカンは北海道各地でも食べ方は地域によって若干の違いがあるようです。昔は癖のあるジンギスカンは敬遠される向きもあり、好き好きが分かれるところでした。しかし、次第に工夫され、今では北海道と言えばカニやウニなどと同様に名前がすぐ出てくるものとなりました。ジンギスカンと言えばやはりラムかマトン。

あっさり味を好む人はお皿についだたれで。少し味のついた物を好む人なら漬けこんだものをおススメです。自分で肉を買ってきて基本になる市販のたれにオレンジジュースや玉ねぎ、ニンニク、ショウガをすりおろし、お酒か焼酎も入れて自分流の味を楽しむのもオッケーです。人によってはリンゴやキュウイを入れて漬けこみ少し時間を置くことでお肉を軟らかくして食べられます。更には豆板醤、ニンニク、ショウガを薬味に使ってビールをグイッと飲みながらが最高です。お酒が飲めない方や子供さんには美味しいユメピリカで作ったおにぎりと北海道産の野菜があればばっちりです。アスパラの時期、新じゃが、かぼちゃが出る時期にもぴったり。

いつどんな時に食べても、沢山の人が集う時にもおもてなしに簡単です。出来ることなら専用の鍋があればグッドですが、若い世帯の方は洗うのがいや、食べる頻度が少ないなどの理由からあまり持っている人が少ないかもしれません。

でも、本物の鍋で食べるジンギスカンの味は断然違います。年輩の人でもジンギスカンを食べ慣れている方、でも鍋がない方には一緒にプレゼントしてあげるのもいいのでは!?